2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.09(Wed)

今時のWin2000ゆぅざぁ

まさかこのカテゴリをまた使うことになろうと思わなかった椎名ですこんばんは。
というわけで、先週金曜にHDD吹っ飛びかけて、
翌日には起動すら怪しくなったので、日曜に慌ててHDD購入。
アクセス時のガリガリ音がやばいから、そろそろ買い替えかなと思った矢先だったさ(遠い目

そしてここから始まった長い旅路…。
文章も無駄に長いんでスルー推奨と言っておく。

【More・・・】

今回購入したのはSATAの280GのHDD。
今使ってるマザボにIDEポートが1個しかなく、
それが前のHDDとDVDドライブで埋まってる以上、他に選択肢がない。

最初は前のHDDをそっくりそのままコピードライブしようと考えてたんだが、
HDDが物理的にクラッシュしてるセクタがあって『できません』と言われたorz
まあ、無事なデータは後で吸い出すかと開き直る。

しょーがないのでWin2000を新規インストしようとしたら、
なぜか新しいHDDを認識しない(汗

やむなく前のHDDから起動して色々調べてみたところ、
・マザボがWin2000対応しているか?→今まで使ってたしドライバもあるぜ!
・BIOSでSATAのモードを切り替えできるか?→設定項目が見つからないぜ!
・Win2000がSP4以降か?→あぁこれか。

SATAのHDDを認識させるには、FDD辺りにSATAドライバ入れといて、
インスト開始時にF6キー押してドライバをインストールしないと駄目とか。
そりゃ、ピュアWin2000にはSP4適用されてないわな。
一応、SP4適応済みのブータブルCDを作るフリーのツールもあるのだが、
如何せん今はCD書き込みできるソフトもなく断念。

ドライバはマザボ付属のディスクにあるとのことで探し出し、
FDDにコピってインストール開始前にドライバを入れる。
これでやっと認識してくれた。

さて、パーティション作ろうかという段階でまたトラブルが。
なぜか137Gまでしか認識してくれない。

…熟考した後、とりあえず起動用のパーティションさえ作ればいいかと、
とりあえず30G作ろうと思ったら数値を受け付けてくれない。

……さらに熟考してひとまず10G分だけ作れたのでこれで行ってみる。
これでやっと本体のインストールが完了する…はず。
実際、これ以降はインストールについては問題なく進み、
各種ドライバやアップデートも(時間は掛かったものの)さくさく進む。

さて、残ったHDDの領域でパーティション作るかと思ったら、
やっぱり合計137Gしか認識してない。
ちょっと待って俺ちゃんとSP4にしたYO!ということでさらに調べる。

Win2000ではSP4を適用しても、HDDの上限が137Gのままらしいorz
これを解決するにはレジストリ書き換えが必要。
『ファイル名を指定して実行』にてregedit起動し、
HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→ControlSet001→Services
→atapi→Parametersの中に新しくDWARDキーを作って、
名前を『EnableBigLba』とし、値を1にするとできるらしい。
…このくらいSP4に入れとけと(汗

そして次はパーティションサイズの変更。
メインドライブ10Gはやや心許ない。前も30Gくらいだったし。
以前買ったパーティション操作ソフトはどこ行ったか分からんので、
改めてフリーのEASEUSというソフトを探して実行。海外製だけど。
英語アレルギーを抑えつつ操作して何とか完了。

さてそろそろノートン先生でも入れるかと思ったが、
なぜか2007版がインストールできない。
詳しく調べると2007版からは対象OSにWin2000がないことが判明。
以前入れることができたのは、2006版が入った状態で入れたためと思われる。
かといって今や2006版のインストーラーを探すのは無理ぽい。
これまた熟考した結果ノートン先生は諦め、フリーを謳うAvast先生をインスト。

いよいよ最後、無事なデータの救出。
…とは言っても前のHDDは起動が怪しい上、
ディスクチェックでかなりの量のエラーセクタを吐き出す有様。
ファイル修復ソフトを数種探し出して試してはみたものの、
ファイルの終端が壊れてるものばかりでまともに読めやしない('A`)
ということで諦めて破棄。

さてやっとRoできるわーと思ったら、
なんかMsvcp60.dllとかいうファイルがねーぞと言われる。

調べてみるとVC++のランタイムコンポーネントとかで、
一応マイクロソフトからダウンロードできるとある。
…が、拾ってきた実行ファイルを動かしても何も起きず(滝汗
これもWin2000やWinMEでは展開してくれないらしいo...rz
いいか、他はともかく、
マイクロソフトまでWin2000いじめは
どーなんだをゐ(怒

しょーがないのでdllファイルを直に拾ってきてWINNTのSystem32フォルダに放り込み、
やっとRoを実行できるとこまで復旧完了…。

結局、前回故障と合わせて生き残ったパーツは、
ケース、DVDドライブ、モニタ、マウス、キーボード、グラフィックカードくらいか。
あと敢えて言うならOS?

とりあえず今回思ったこと。
・Win2000はハード的にもソフト的にも対応するもん減ってきたなー
・2~3年ごとにHDDは入れ替えたほうがいいなぁ
・その辺ごとに新OS発売するMS社は商売上手いなマジで
・さすがにサブマシン考えないか俺?

追記:
さらにRo鯖アップデートのメンテとかどんないじめだコンチクショウ

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

22:36  |  PC  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●sp込みのリカバリCDを作ろう

パソコン雑誌(Windows100%,IPなど)の特集で「累積サービスパック適用済みのOSバックアップディスク作成手順」が載っていたのを覚えています。

Windows2000の場合は2003年頃の筈です。雑誌の付録CDにフリーのISOイメージ作成ソフトとライティングソフトが入っていました。
その後、XPの時代にもsp3適用後に同様の特集が組まれました。

昔からMicrosoft は販売終了製品にわざわざ累積サービスパック込みCDを作るような無駄金は一切使わないので、旧OSユーザーはHDDクラッシュに備えて自衛しなければなりません。

雑誌を買っていない場合は、周囲の知り合いに上記「2003年頃の付録CD付きパソコン雑誌」を保存していないか尋ねてみてはどうでしょうか?
----------------------------
あと、私はノートンには苦い思い出があるので、絶対に使いません。仕事場でプログラミングに使っていたWin-Meマシン数台にノートンのアップデートをした途端にクリティカルエラーが出て数人の仕事が止まってしまったのです。
るー | 2009年09月10日(木) 01:14 | URL | コメント編集

2003というともう6年前か…仮に持ってても処分してるでしょうね(汗

イメージ作成ソフトは探してあったんですが、
ライティングソフトがないあーんどブランクCDがない、
だったんで諦めてました。
不安定なOSいつまでも起動していたくなかったってのもありますが(苦笑

ノートン先生についてはもういいやって気も。
代替でフリーの見つけられたし、評価も悪くないしね。

今回の件でまたしばらくこのPCが使えそうなので、
サブマシンを考慮しつつWin7の熟成を待つのも手かな、と思ってます。
災い転じて福と成して見せる!
椎名 | 2009年09月10日(木) 23:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://iroseena.blog75.fc2.com/tb.php/166-a5e7e1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。